映画 イヴ・サンローラン 

先日
友人に誘われ フランソワーズ・モレシャンさんのトークショー<おしゃれ講座>に
参加してきました

f0373734_10503771.jpg
この講座は もう26回目で なかなか人気のあるトークショー
この日のお話は イヴサンローランについてのお話でした

f0373734_10505212.jpg
ワンドリンク付きで 
f0373734_10510026.jpg
モレシャンさんのお写真も撮ることが出来ました

モレシャンさん
年齢はいくつなのか わかりませんが 
かわいらしくて ほのぼのする なかなか 面白い トークショーでした




<イブ・サンローラン>

バブルの頃 化粧品 使ってましたっけ(笑)


私 イヴ・サンローラン 女性だと思っていたのでした(笑)^^;

しかも ゲイだった  とは。

ファッション業界 そういう人は多いとは聞いていたけど。


モレシャンさんがトークショーの中で紹介していた <イヴ・サンローラン>の映画
モレシャンさんが その話をしているときに涙ぐんでいたので 
どんな映画なのか 興味がわいてきました。

f0373734_10502079.jpg
2014年のフランス映画 です。
モレシャンさんが泣いた・・というぐらいですから 感動作品 なんでしょう。

f0373734_10500718.jpg

イヴ・サンローランは内向的で 幼少のころから服に興味を持っていた少年でした。
無名の頃にディオールに認められ ディオールの死後 21歳にして主任デザイナーに抜擢されるのです

でもこのころから 若き天才デザイナー イヴの苦悩が始まったのでした。
そんな彼を公私ともに支えていたのが ピエール・ベルジェ。
f0373734_10502835.jpg
モレシャンさんいわく、彼らはひとめぼれでとても情熱的な愛・・だったそうで。
今ではボーイズラブ。。なんて いう言葉もあるくらいだから 同性カップル・・に対しての偏見は
昔ほどではないけれど。
当時のフランスでは どうだったんでしょうか。

イヴ・サンローランの会社を立ち上げ、年に4回のコレクションと300着以上のデザインをこなし
休みは全くなしで働き続け 孤独と重圧に押しつぶされ 酒 ドラッグにおぼれ イヴは体も精神も病んでいくのです

f0373734_10501534.jpg
ぼろぼろ状態の彼を 夫婦以上に献身的に支え続けたパートナーのピエール
ピエールとイヴ・サンローランの愛 そして 
70年代や あのバブリーな頃の華やかなファッション界 も ちょっと興味がでてきました。

私もまだ見てないので
ネットで借りて見てみようかなって 思ってます。




[PR]
by yumimoo | 2018-02-27 11:41 | 映画 | Comments(0)

ドラマな毎日をすごしてます


by yuminn
プロフィールを見る
画像一覧