2011年4月 観国縦断 美しい韓国を巡る旅④

2011年4月 観国を巡る旅 その④ です

雨交じりの慶州から釜山まで1時間半

向かう途中 段々良いお天気になってきました^^

釜山から 外島の行き方は色々ありますが

釜山から巨済島(コジェド)に渡って 外島行きの船に乗らなければなりません

昨年12月に釜山→巨済島間の 大きな橋が完成しました

巨加大橋

今まで 巨済島までは 船で渡るか 車だと大回りで3時間かけていくか その方法しかなかったのですが

この橋と 世界最深(48m)の海底トンネルのおかげで 車で1時間でいけるようになったんだそうです。


コレはすごい!!

快適ドライブ!! 

天気は上々!!

今朝の雨風の天気・・って言ってたけど あれはいったいなんだったんでしょうね^^;

まったくもって 韓国の天気予報は当てになりません。

韓国の天気予報は当たらない。。というのはまんざらウワサだけでもないようです。^^;

ネット情報によると

韓国の漁師さんは、韓国の天気予報を信用してなくて 日本の天気情報から 天候を確認してる・・とか?。


                   巨済島の外島行き船乗り場に到着。

私達が行ったのは月曜日だったのですが

土日はとても混雑するとのことなので、

チケットが取れない可能性もあるそうです。

なので、行くなら 土日をはずすか、予約した方がいいかもしれないですね

↑ここから乗り込みます

私はは子供の頃から 車酔い船酔いがひどく、さんざん人様にご迷惑をかけてきた人なんです

今回の旅の心配ごとは <外島にいけるか> ということと <船酔いしないか> という事の この2つ。

特に船酔いに関しては 

香港で釣り船に乗って自律神経失調症で痙攣を起こした経験もあるほど なので

とてもとても心配だったんです

そこで 私は旅行前に 
ネットで <日本一効く 酔い止め薬>を検索して 探し出しまして

取り寄せたのが <セイブ>という ドリンクタイプの酔い止め薬。

釣具屋さんも絶賛 お勧してるという スグレモノ。

乗船30分前に服用^^ なかなか美味しい味でした。

こ~んな 大揺れでも ぜんぜん平気 少しも酔いませんでした。

すごい。 船に乗って 船酔いしないなんて。 こんなこと、 はじめてかも。

外海に出るので、やはり 船は大きく揺れるのですが

それでも、今日は 久しぶりに穏やかな方なのだとか。

観光案内をしてくれるおじさん。釜山なまりで、ぜんぜんわからない^^;

この観光船の往路で

船内で するめやら コンブゼリーやら の販売がありまして

チョウさんがするめを買ってくれました。

そういえば、<愛の挨拶>でボングァンが 酔い止めとして 列車の中で

するめを購入するシーンがありましたよね(マニアックですか(笑))

焼かないするめはゴムみたいで硬くて噛み切れない^^;

コンブゼリー は 

コンブのヨードが放射能を体から排出する効果があるので

日本の放射能から身を守るために 食べた方がいいと 説明をしていたらしく 

アジュンマたちが沢山購入していました



外島に行く前に 周りの島々の観光

波が荒いと入ることができないという狭い所にも 行くことができました

お天気次第で 中々入り込むことができないそうです

船は横揺れですごい状態^^;

一瞬だけ見えた風景。

能登半島の風景にどこかにています

同じ海で繋がっているからかな。

外島に到着

<巨済島の船着場を出航しても 外島に上陸できなければ引き返す>

ここに着いて その言葉理解できました

外島周りの波って 尋常じゃない波が打ち付けてるんです

ぐらんぐらん 揺れてます

そんな大きく揺れてる船から

アジョッシの手を借りて韓国のアジュンマハルモニたちはすたすたと上陸^^

外島についたど~~~!!

チュンサンも乗っていた電動のカート

島内は坂道なので、コレがあると移動が楽。

坂が結構急なので、ここに来る時は歩きやすい靴で。

雨だと滑りやすいかも。

海が きれ~!!  

大荒れの天気はどこへ行った!!

異国のようですが ここは韓国です^^ 

冬ソナのロケ地で 一番どこに行きたいかと聞かれれば

ぜったい 行きたいのは 

外島

외도

冬ソナを見ていた人にとっては 聖地のようなところですよね

この<不可能の家>を見たとき

胸が熱くなって涙が出そうになりました




チュンサン

私 やっと来れたよ

不可能の家の周りには 春の花がいっぱい咲いていました


家の中には今は入ることはできなくなっています

なので

ちょっくら 覗き込んで・・・^^;



パズルが貼ってあった壁は左側。




船の出発時間まで少々時間があったので

島で一番高いところにあるカフェでお茶しました

チュンサンと同じ薄いコーヒーを飲む。。。

私はずっとコーヒーだと思っていたのですが、もしかしたら紅茶?

チュンサンがテラスに座って眺めた(見えてないけど)風景



そして

 ラストシーンに使われた管理塔↓

夕焼けモードで撮ってみました




ここに来ることができたのが 夢のようです

釜山に戻り 最後の夜の食事は何にしようかということになり

ホントは

ヨンジュンの食べたという 牛肉の内臓を煮込んだのクッパのお店 に行く予定だったのですが

チングが 内臓は食べれない。。ということなので、

お刺身を食べようか。。ということになりました

でも、私、オバカで、ヨンジュンの行った刺身屋さんの名前を控えてくるのを忘れちゃったんです^^; 

残念~!! 

 

なので、

ガイドのチョウさんが勧めてくれた

芸能人のよく行くお店  と 評判の

広安里(カンアンリ)ビーチにある <장말좋은 횟집>チョンマルチョウン フェッチブ (本当に美味しい刺身のお店)

というお店へ行くことにしました。

なんか名前も変だし、美味しいっていってるところが 余計に 怪しい感じだし(笑)

行った時間が早かったせいなのか

月曜日だからなのか

だ~れもいないの。ほんとに評判のお店?

確かに 壁には いたるところに芸能人の写真がはってあるんだけどね

じっくり見なかったせいもあるけど 良くわかんなかった~

この日は 芸能人なんて誰も来なかったしね(笑)


後でネットで調べてみたら

このお店のオーナーさんは 元歌手で 

ピ、東方神起 イ・ビョンホン イ・ドンゴン セブン キム・ジョンウン 

などなど いろんな芸能人が来店してるらしいんです

ヨンジュンも来店したとか。。 ??

ほんまかいな~? 

だったら じっくり 写真1枚1枚確認しておけばよかったかな~

広安里のビーチが一望できる 眺めの良い席に座りました

ピが座った場所?? らしいんだけど。

メインが出てくる前の沢山のパンチャン(おかず)
小皿にちょっとづつ


お刺身には 焼酎があう と、<처음 처럼> (チョウムチョロm)を チョウさんが注文。

焼酎はちびちび飲むものではなく一気に飲んだほうがいいそうで

わたくし ぐびっ と飲みました

のどが か~・・っ と しますね(笑) 

センマッコリ (生マッコリ)も注文。(^^) 一体どれだけ飲むのやら(笑)

まぁ 最後の夜だから、いいんですぅ~

センマッコリは 普通のマッコリよりさらに 美味。

コレは ファンになっちゃいましたよ~

写真とっておけばよかったかな。

マッコリ、いつもぐびぐび飲んじゃいますが さらに がぶがぶ飲んじゃいました(爆!)

↑こんなものも食べちゃいました


サンナクチ 산낙지

生のタコです。足がぐにょぐにょ動いてます^^;

チングはこんなのぜったいに食べられない。。と言っていましたが

わたしも

今まではこんなのぜったい無理~なんて思ってたんですけど

お酒も入ってるせいもあるのか やはり、チャレンジしてみなくては。。と

食べてみました(笑)

おも!

わりと美味しいです

口の中で多少むにょむにょしてますが 気になりません(笑)

塩味とごま油の風味が タコの甘みと 絡んで 美味しく いただけました

『いやぁん~こわい~~ 』 と 言ったほうが かわいい女 なんでしょうけど^^;

わたしは どうやら かわいい女には なれないようです(爆!)

同じゲテモノで

写真を撮り忘れたのですが ↓こんなものも食べてみました

          コレはお借りしてきた画像です。
          このミミズを開いたようなものは何でしょう~(笑)
コリコリして、イカみたいな食感です
実はコレ <ゆむし> なんです。 
わたしも 食べてる時は どんなものなのか、全くわからなかったのですが
次の日 市場の水槽で 現物を見て 絶句(^^;)・・・・・   でした^^;
日本では ゆむしは 釣りのえさ になってるんですよね。 巨大ミミズ^^; というところでしょうか。

 なまこの親戚らしいんですけどね  

お刺身登場~! ひらめと鯛^^

私の地元では

刺身といえば ブリ 甘エビ なので あんまり 白身のお魚のお刺身って食べることってないんです

お寿司なら少々食べることもありますが。

酢の入ったコチュジャンをつけて食べます

一応 わさびとお醤油も用意してくれたんですが お醤油がイマイチなので、 

コチュジャンで食べた方が美味しいと感じました


お刺身も葉っぱにまいて食べるんです。日本の感覚ではびっくりですが、コレがまた美味しい。

葉っぱにお刺身のせて ニンニクのせて コチュジャンのせて 巻いてくれて

『ヌナ どうぞ』 なんて言ってくれると も~嬉しくなっちゃいます^^

お酒もすすむすすむ~(^^)/

ドライバーしてるチョウさんも いつの間にやら 一緒にマッコリを飲んでて(笑) (おいおい^^;)

最後の夜だから、楽しく飲みましょう~~!!

最後に出てきた 魚のアラスープ。

さっぱりして 美味しかったです。

焼酎も飲んで、生マッコリも飲んで ほんとにいい気分です

夜風が気持ちいい~♡

わたくし 今回の旅行で 呆れるくらい(笑) 毎日のようにマッコリを飲んでいたでしょう?

旅行から帰ってきてから気がついたんですけど~、

普段 出張から帰ってくるとぐったりするんですけど

今回の旅行、ぜんぜん疲れなかったんです。

関空から夜行で帰って その朝出勤したのに 疲れ知らず。

コレは

マッコリの効果 なのではないかと 思うんですよ

マッコリは 韓国では昔から 力仕事や農作業の合間に飲む お酒なんだそうです。

最近は がん細胞を消滅させる などという研究発表も出ましたよね

これからは 疲れたときは マッコリ飲もうかしら・・と 思っちゃいました。

ドライバーさんがマッコリを一緒に飲んでしまったので(笑)

車の代行を呼ぶことにしました

韓国ドラマで 時々見たことがある代行さん。

<ローズマリー>で ヨン・ジョンフンが代行のアルバイトをして走り回ってましたよね。他のドラマでも見たことがあります

電話で呼び出したら 身一つでやってきました。 日本だと車が一台と2人できますが。

帰りはどうするのかと聞くと

バスかタクシーで帰るんだそうです。おっかしい~(笑) すごい田舎に行ったらどうやって帰っていくんでしょうか(笑)

宿泊したのは海雲台(ヘウンデ)グランドホテル。

大きなホテルでした。シーズン中はいっぱいになるんでしょうね

釜山映画祭の時は このホテルに俳優さんが泊まったりするのだそうです。

気持ちのいい朝だったので

ビーチを散歩してみました

帰ってきてから知ったのですが

ヨンジュンもこの前日に 釜山に来ていたのだとか。

おも!! もしかしたらもしかして

彼も

このヘウンデに泊まっていたかも!?!?

知っていたら、じっくりあたりを 見ておくんだった~^^;

朝 ビーチをお散歩してる ヨンジュンが画像に写りこんで。。。

は ない。。。ようですね^^;

彼のコンドミニアムも見えます^^  もしかしたら あそこに 彼はいたのかも。

彼のコンドミニアム方面に向かって 歩いてみました

もしかしたら 同じ時間に 同じ風景を見ていたのかも・・思うと、嬉しくなっちゃいます~

釜山といえば はずせない観光地の <チャガルチ市場>に行きました

とってもにぎやかで、おばちゃんたち、威勢がいいです^^

手前に並んでるのはタコです^^

こういう市場は見てても 飽きないですね 楽しいです

そうそう、釜山といえば ヨンジュンの初期の作品『海風』ですね

このドラマでは 大根役者・・のヨンジュンですが^^;

初々しくてかわいらしかったです 一生懸命さが良かった^^

港にはなんとなく、その海風で見た 面影が残っていました

遠くに見える釜山の山。

ところどころ白く見えるのは 桜が咲いてるから(^。^)



予定には無かった
釜山で一番眺めが良い美しい名勝地  といわれている <太宗台テジョンデ>へ行きました

昔の新羅時代の王様 太宗王が この素晴しい景色に惚れ込んだことからついた名前なのだそうです

玄界灘が一望。 

運がよければ 対馬が見えるとか。 56キロしかはなれてないんだって~

そういえばイルジメ(ジュンギ君じゃないイルジメ)が 対馬に渡ってたよね(笑)

段々曇ってきたせいもあるのか、海の色はどんよりしてて

外島のあまりにもキレイな海の景色を見ていたから

王様がほれ込んだ景色のワリには

私たちは それほど感激するほどでもなく^^; 

お天気が晴天だったら、感動の景色だったのかもしれないですね~

↑こんな おもちゃみたいなこんなバスに乗って 園内を回るんです^^

外島の船には酔わなかったけど

この車に 酔ってしまった私^^;

<太宗台>を後にして、

19:15発の関空行きの飛行機に乗るため 釜山から仁川空港へと向かいました。

文字にすると 1行で終わりますが^^; 

時速120キロのスピードで高速を走り

途中交通事故のため大渋滞に巻き込まれ 5時間半 かかりました(笑^^;)

私達は快適なドライブだったのですけど ドライバーのチョウさんは さぞ、大変だったかと思います

途中のチョンナンサービスエリアで チョウさんが フレンチカフェ^^と

忠清南道チョンナン名物の<くるみ菓子호두과자(ホドゥカジャ>を買ってきてくれました

何でも買ってくださるんです。ホントにありがたくって。


焼きたてのアツアツホカホカで
あんこがとろり、胡桃の粒々も入ってて、のむましっそ!!

くるみ菓子は 今ではソウルでも全国のサービスエリアでも買えるのだそうですが

このチョンナンというところが 最初に売り出したのだそうです

韓国のサービスエリアってほんと面白いです(^。^)

サービスエリアのどこに行っても 日本にはない 屋台みたいなのがあって  

帽子やらサングラスやら カー用品 子供のおもちゃや雑貨 CDとか 売ってるんです。

そのCD屋さんがね <韓国の演歌>トロット を大音響で流してるの(笑)

それが、思わず笑っちゃって 踊っちゃいそうな軽快な曲(爆!)

それと~

不思議なのは

観光バスから次々と降りてくる ピンクや赤の原色のアジュンマ集団。

なぜ みんな同じおそろいのジャケットなのか!? 不思議!イサナダ シンギハダ。

 


↑コレは外島へ行く船に乗り込むアジュンマたち。
サービスエリアでお見かけしたアジュンマたちもこのような原色の同じようなおそろいジャケットを着てました

チョウさんが言うには

『このジャケットは登山に行く時に着るジャケットなので、見かけより^^;も少々値段が高くて

 アジュンマたちにとっては精一杯の おしゃれ なんでしょう・・・』

なのだそうで。

そうか~  オシャレ なんだね。 きっと、子供達から 贈られたものなのかもね

その反対に 韓国のアジュンマは 日本のアジュンマが無地で黒っぽい地味な服ばかり着てるのを見て、 

なんで黒ばかり。。って思ってるかもしれないですよね。

特筆したい<外島のアンニョントイレ^^;>

ごはん中の方はミアネヨ~

でも、これ、書かなきゃ。。と思って(笑)

韓国のトイレ事情は 

ソウル市内はずいぶんと改善されたけど、相変わらず 紙が流せなかったりするところも結構ありますよね。

今回、地方に行って、洋式ではなく、韓国にも 和式のトイレがあるのを見て びっくりしました。

韓国って 昔は 和式タイプのトイレだったんですね

<外島のトイレ>は、皆さんご注意ですよ~^^;

ドアが、ない。。というか、開閉自由というか(笑)。

とりあえず、幅50センチぐらい?70センチ?ぐらいの 押してその反動で戻ってくる・・というような 

木製の扉がついてるんです。

もちろん鍵なんかついてないし。 下が空いてるし^^;

トイレが くの字の形で トイレの中の人が見えないような構図になってるから、

鍵もないし 開閉自由だし、人が入ってくるんです^^; 扉があってもなくてもどうでもいいって感じで^^;

やばいなぁ~と思いつつ トイレに入ったけど

おズボンあげてる時に アジュンマがはいってきちゃって!!^^; 

『チャッカンマン チャッカンマン』 ってあせって言ってるのに  

全然気にしないで笑ってずんずん入ってくんの^^;

おもおもおもおも・・・^^; おズボンあげてる時でよかった^^;

おそるべし アンニョントイレ アンニョンアジュンマ(笑)

こういう体験をしたくない方は、外島に行く前には トイレに行っておきましょう~。

韓国一長い橋<仁川大橋>を渡って仁川へ

2009年10月に完成した21.38キロメートルの大橋。

韓国のドバイといわれている松島国際都市と仁川を結んでいます

仁川~ソウルに行く時 遠くに見える あの、大きな橋です 

いつもソウルしか行かないから、なかなかこの橋を渡れることもないので、

今回 車で 渡れたことが 嬉しかったです^^

仁川空港についたのはフライト1時間15分前でした(^。^ 間に合ってよかった~

お土産買う時間もないほど 時間ギリギリのスケジュール 

私が計画した旅行らしい  といえばそうなんですけどね

 

またお金貯めて、韓国へ行きたいです^^

こんどこそ、

旅行報告 終わります(笑) ^^


[PR]
by yumimoo | 2016-09-19 12:34 | ロケ地めぐり

ドラマな毎日をすごしてます


by yuminn
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る