2010年 2月 キョウルソウル旅 その②

2010年2月 ロッテのツアーで行った冬のソウルのたびレポ②です

ソウルより車で1時間ほど離れたところにある

世界遺産 水原華城(スウォンファソン)

朝鮮王朝後期の1794年、李朝22代王・正祖(チョンジョ)が、悲運の死を遂げた父を悼み、

腐敗しきった漢陽(今のソウル)の都を捨て、遷都しようと

2年8カ月の歳月をかけて造り上げた都。

水原の民を守るため、ぐるりと街を城壁で包み込むように作り上げた壮大なお城です

端っこにまだ雪が残っています


日本ではお城は天守閣のことを言いますが、

韓国ではお城。。と言うと 城壁のことを言うのだそうですよ

この水原で、余生をゆっくりと過ごそうと思っていた王様(BSで放送したイ・サンだそうです。)

残念ながら、完成を見ないまま、亡くなったそうです

臣下に毒殺された・・と言う説が今、有力だと言われているとか・・^^。 おもも~~こわいねぇ~

この遷都が成功していたら、

韓国の今は、歴史は、どんな風になっていたでしょうね

<長安門>

壁にところどころ開いてる穴は、争いの時に、そこから銃で撃ったり矢を放つために作られた攻撃用の穴。

日本のお城にもこういうのありますよね。

でも、結局、争うこともなく、朝鮮戦争になるまで、争いが起こることはなかったそうです

この門は朝鮮戦争で消失してしまったんだとか。

こういう城壁や門を見てると

太王四神記のタムドクを想ってしまいます

馬に乗って一人で先にぱかぱか走ってきて、

その後を

『ペーハー一人だけで行ってはいけません~』 とコ将軍が追っかけてくるの(笑)


テサギの撮影地は済州島とか、丹陽とか、どこかわかんない山ん中とか、

結構ソウルから離れた地方にあったでしょう?

この水原のお城を使って撮影すれば、コストもかからず、移動の時間もかからず、撮影できるでのに・・って思いませんか?

私たちもヨンジュンをめぐる旅が 近いところで済むし~^^ (笑)

世界遺産だと、

ドラマで撮影に使うことは難しいのかな。


景福宮の勤政門の天井にも龍のレリーフがありましたが

この門の天井にも

いさましい青い龍の絵がありました

そうそう、龍と言えば、

城壁の周りを、こんなトロリーバス?が走っていました

2年前はこんなの走ってなかったわよ~~

派手好きな韓国人らしい発想ですが
日本人の私としては、龍の顔はいらない・・です(笑) ちょっとダサい^^;

観光客専用であんまり人も乗っていなかったので代金はお高いのかな?と思いきや

日本円でたったの1回90円ぐらい

それなら、乗ってもいいかな


発射することのなかった砲台

砲台の筒の中にはごみが詰まってました(笑)。 ゴミ箱じゃないぞ~~!!

攻撃用の穴から覗いた道

この長安門前の道をまーっすぐに行くと、ソウル・・なのだそうです

犬?サル?

なんともブサイクでかわいかったんで、おもわず撮っちゃいました~~

<華虹門>

ガイドブックや旅行会社のチラシに載っている写真はここを写したものが多いですね~^^

この水門から水が勢い良く流れると、虹がかかるので<華虹門>と言われるようになりました



<訪華随柳亭>

小高いところに立っている楼閣

ここの登って見る風景は絶景。水原をいっせいに見ることができます

  この楼閣のレンガで造った壁には なぜか、+ マークがいっぱい

遠目ではお花の模様にも見えますが

実は設計者が、かくれキリシタンだったため、十字架の模様にした・・という説があります

韓国にも隠れキリシタンがいたんですって。


市民の皆さんがウォーキングコースとして城壁の周りを歩いてらっしゃいました

景色もステキだから、気分もチョアヨで 歩けそうですよね

そうそう、

ここの水原で恥ずかしいことがあったんですよ

観光地のトイレは、団体客が来ると、どこも込んできますよね

私が行ったときも ここのトイレが長蛇の列でなかなか、進んでくれなかったんですよ

それで、ガイドさんに

『화장실이 너무 막히다 ファジャンシリ  ノム マッキダ』 と言ったんです

ファジャンシリ は<トイレが>という意味でノム は<とても> マッキダ は<込んでいる> という意味

私は『トイレが込んでいる』  とガイドさんに言ったつもりだったのです

ちなみに

キリ マッキダ は、<道が込む> という意味です^^

おもむろに

ガイドさんにくすくす笑われたので、何でかわからないので、聞いてみると

『화장실이 너무 막히다 ファジャンシリ  ノム マッキダ』

<トイレがとても込む>という意味ではなく、<トイレがとても詰まっている> という意味だったのです

恥を知って、一つのことを覚えるのですね~~

ちょっと、恥ずかしかったです~

でも、この言い回しは、二度と忘れないです~

水原から約1時間ほど離れたところにある <利川(リチョン)>

ここには2年前にも来てます。


<利川> と聞くと、陶芸の里 と言うイメージがありますね


利川は 良質の水、焼き物に適した土、さらに登り窯で使う木材も豊富だったと言うことで、

陶芸が盛んになったんだそうですよ

いたるところに、陶器を売ってるお店があって、車が止まっていたので

韓国の人たちが買い求めにきているようでした。

なんとなく、地元の九谷焼の寺井の町を見ているようですね。のどかな感じも似ています。

マグカップ一つでも、いい~~お値段なんですよ。安くても1客4000~5000円ぐらい。九谷焼よりも高い^^;

日本人相手のお店だから、お値段高く設定してあるんでしょうかね~~

となりに韓国の人が行くお店が別にありましたから^^ きっと価格が違うんだろうと思います^^

わたしなんて

いつも地元の<九谷焼茶碗祭>で、窯元直売りの安いお値段で買ったりしてるので、

ここのお値段は高い!! ノム、ピサヨ!

でもひとつぐらいあってもいいかな・・なんて、心が揺らぎつつ、今回も買いませんでした^^;

利川は水が美味しいので、ご飯もおいしいんです

   ≪お釜のご飯つき韓定食~~^^ ≫

               石なべにご飯が入っていて↑ 先にお茶碗にごはんをよそって

                 そのお鍋にお湯を入れて、蒸らすんです

            お鍋についたおこげが蒸らされて、最後にするするっっと、おこげスープを頂くんです

それがまた、さっぱりと、おいしいの~

お肉をまいて食べる葉っぱには、まるで葉ボタンのような紫や白の葉っぱが・・

韓国では、日本では観賞用にしている葉ぼたんを食べるの??。。。^。^

        

  

地方からソウルに戻り

またお決まりコースの免税店でフリーになったので、

私たちは抜けて、景福宮に行くことにしました

朝一番に、ロッテホテル裏のセブンイレブンで、Tマネーカードを購入し、そこで10000wチャージしてもらったので

それを使って、地下鉄で移動しました

ソウルの地下鉄は路線ごとに色別になってるので、とてもわかりやすいのですが

漢字表示してあるところと してないところがあるので、ハングルが少しでも読めると便利だと思います

ハングルは <読む>のは、簡単なので、ある程度わかっていた方が便利かもしれませんね

不安なので、乗り換えの時は必ず確認。

『キョンボックン カゴシッポヨ イホム ケンチャナヨ?』

<景福宮へ行きたいです、このホームは大丈夫ですか?>

『イ チハチョル キョンボックン カヨ?』

<この地下鉄 景福宮ヘ行きますか?>

間違って反対方向に行ってしまったら大変ですものね。

チョンノ3ガ 駅で地下鉄5号線から3号線に乗り換えたのですが、このチョンノでずいぶん待たされたんです。

なかなか電車が来なくて。もうちょっと早くに来てたら・・とあとで、後悔・・・

景福宮駅を降りると、駅も景福宮みたいなの^^

なんか、ワクワクしてきます

景福宮入り口

でも・・

あれれ・・

なんか変・・

入場チケットのブースがしまってるんです

日本語の案内係さんに聞くと

4時でしまっちゃったのだとか。

時計を見ると、4時20分^^;

あ~~~あのチョンノ駅での待ち時間が惜しまれます><

と言うことで、私たちは、中に入れず、出口で、中を覗いてきただけに終わったのでした~~~

くやし~~~

せっかく、乗り換えて乗り換えて、はるばるやってきたのに~~~

悔しいので

明洞でお買い物することにしました

バッシーニ、行きましたよ~~~


実はその前の日の夜、明洞へ出かけて、バッシーニを探したんだけど、

友達から教えてもらったとおり探したんだけど、見つからなかったの

暗いから、わからなかったのかなぁ~

わからない方の為に^^↓

地下鉄明洞駅の⑧番からの方が近いけど

⑥番の階段を登ってメインの中央路ミリオレ前の大きな通りから行った方がわかりやすいかな~^^


すっかり春めいてました

しぶしぶ旦那のシャツ2枚購入しました(笑)。わざわざジュンの着てないシャツを選んで~(笑^。^;)

自分のだったら、どんなに良いか~~

現在30パーセント割引

日本円で合計10000円以上になると、春と冬のカタログ、ポスターが1枚もらえます

多分それ以上になると、別バージョンのポスターが増えていくんじゃないかと・・・

私の前に購入した人はポスター2本持ってましたから^^



朝から歩きっぱなしだったので

コーヒーショップ通りの小さなカフェに入ってお茶することにしました




今回気に入っちゃったヘーゼルナッツコーヒー(香りがナッツなの)とカフェラテ

面白いことにケーキが1皿にのって出てきました

隣の若い女の子たちのテーブルをみると、

1つのお皿になんとケーキ5個!!

みんなで、それをつついて食べてました~。

日本じゃ考えられないけど、韓国らしくていいわぁ~~

ケーキも鍋のようにつつきあうのね^^

でね、

その若い女の子たち、お店の中で、突然歌いだすんですよ。ふつう、迷惑でしょ

でも、そうじゃないみたいで

これまた驚きでした(笑)

男の子が、妙になよなよしてて

たまたま、このお店にいる男の子達がそうだったのかもしれないけど~~

アイドルグループの髪型(ちょっと前髪が重い感じの)してた子が多かったかな~~

(ちょいと似合わない^^;)

明洞のカフェ^^

イルボンアジュンマには

ちょっと、カルチャーショックだったかな


≪GOLLIRA IN THE KITCEN ≫


行くたびに思うんですが、

ゴリラはウェルビーイングレストランで

精神的にも健康的にも身体によいカロリーを抑えたお料理ばかりなのに、

とにかく量が多くて、いつもおなかがいっぱいになるんですよ~^^ 

コレじゃ、ダイエットにはならないなぁ~といつも思っちゃいます

でも、身体にはいいんだろうなぁ

<豆腐のサラダ>

揚げてある豆腐とゴマ風味のドレッシングとバルサミコソース

お野菜たっぷりでボリュームたっぷり

<オヌルスープ 本日のスープ>

コレがすごく美味しかったの~

海老とトマトのスープで濃厚で、一口食べると海老の香りいっぱいになりました

<海鮮スープのスパゲティ>

食べても食べても出てくる出てくるムール貝とあさり。

唐辛子が入ってるので、ピリ辛^^

貝のだしがチェゴ!!


<季節のタルギ(イチゴ)生ジュースと、五味茶>


スープ以外は1つづつしか頼まなかったのですが、コレでおなかがいっぱい~~

お隣のカップルは

ここの量の多いスパゲティをお互いに頼んで食べていて、お肉のグリルまで食べていたんですよ。

仲良く(^^)完食していたので~

韓国の人は、 沢山食べますね~~~


ヨンジュンが来たらいるという2階の部屋の電気がついていなかったので、

ヨンジュンはこの日は来ない様子・・・

ヒョゼ先生のおかずで夕飯食べたのかなぁ~~

そうは、2回もいいこと起きないですよね。

ヒョゼ先生に会えただけでも、ラッキーなんですものね^^


いつもソウルに行くと

必ず飲む飲み物があるんですよ。

   みんな大好きな

   バナナウユ(バナナ牛乳)~~!!

ソウルのホテル、風呂上りには、コレがかかせません!!

ほんとに美味しいから、日本に持って帰りたいくらい。 

こういうの、日本で売ってくれないかと、常々思うのですけどね~

飲んだことない人は一度飲んでみて!!



その③に続きます


[PR]
by yumimoo | 2016-09-16 22:49 | ロケ地めぐり

ドラマな毎日をすごしてます


by yuminn
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る