てんこ盛り韓国横断旅行① 2008年9月

この記事は
2008年9月 韓国を横断した旅レポです↓↓



今回の旅は

ツアーガイドさんにすべておまかせ。

安心できるので、とても気楽です。自力でサムチョクへは行けません~

あいにくソウルは雨

雨女

韓国でも ピヨジャ(雨女)というのだそうです

そうです!

チェガ ピヨジャニカ ピガネリョッソヨ (私が雨女だから雨が降りました~~)

仁川から、サムチョクまで4時間はかかります

渋滞のソウルを抜けて

いざ、サムチョクへ!!

おっとその前に腹ごしらえです^^


高速道路のインターチェンジに入って軽い昼食です

日本のインターチェンジに比べて、車の量のワリには狭くて小さいです

沢山の車が次々に入ってきているのに、もう少し大きくすればいいのに・・トイレも綺麗にすればいいのに・・と思いました~

細巻きのきむぱぷとじゃじゃみょん、きつねうどん^^
きつねうどんは日本と同じうどんでした。
ただし、だしがきいてないのでゆるいお味のおうどんでした
じゃじゃみょんはまぁ、そんなもんです^^おいしかったですよ

高速道路は雨と濃霧

クマのぷーさん似のガイド兼運転手のリーさんは、韓国の人のワリには(^^;)、親切、丁寧な運転。

スピードは出ていても安心して、任せられます^^

うとうと眠ってしまって気がつくと、いつのまにか江原道(カンウォンド)を走っていました

ひたすら山道とトンネル。辺りは霧で何も見えません。

日本海側、東海側に向かって、快適なヒュンダイソナタに乗って走り続けること4時間。

ようやく、やっとこ

見えました!

パダダ!!(海だ)

東海(トンへ)です!!

あいにくの曇り空、海はどんより鉛色

でも、寒くもないし風もなく、穏やかな海でした

トンヘヒュウゲソ 東海休憩所

サムチョクまでもうちょっとです^^

今日のお宿

インスとソヨンが行ったサムチョクパレスホテルです

ホテルに入るとヨンジュンがお出迎え

柱にはインス・・


これは記者会見^^

ロビーには4月の雪の撮影現場の写真がところどころに飾ってありました。でもレストランもコーヒーラウンジも電気がついてないのよ。暗いのよ。なんでや(笑)。



インスとソヨンのベットシーンの撮影は4階と7階で行われた・・ということらしく

私達が案内されたのは7階のお部屋でした

わ~~い!!と喜んだ私達

でも~~

う~~ん、なんだか、ちょっとイメージと違うような気がするんだけど・・

ほんとに撮影したのはここなんだろうか~~

という疑問を持ちつつ

とりあえず、シャワールームも撮影(^^)/

このあたりに出前の食器がおいてありましたっけ??

日が暮れて、お腹も空いてきたので、サムチョクの街まで出て、食事に出かけました

ヨンジュンたちスタッフが食事をしたというセウネ食堂さん。

あたりはすっかり暗くなったので、お店の前景がわかりません

病院の近くだな・・ということはわかりましたけど。

お店のアジュマが『オレンマニエヨ(お久しぶり^^)』とリーさんに声をかけていました

どうやら最近は日本人はあまり尋ねてきていないようです

撮影時期は

このお店の4部屋全部が、日本のアジュンマで埋まっていたそう・・。

想像するとすさまじい状況ですね

食べきれないほどの沢山のおかず、このほかに卵焼き、サメ?のお刺身も出てきました^^

ヨンジュンがこれを食べたのかどうかは確認するのを忘れちゃいました

ヨンジュンの使用した箸とスッカラK 額入りです^^

  座布団です^^ 綺麗な刺繍のおざぶでした

サイン^^

お店の部屋の壁一面、メッセージが書き込まれていて、隙間を探すのが大変でした

いずれはこの壁もはがされてしまうかもしれないけれど

私もも書き込んできましたよ

ヨンジュンが再びここを訪れて、メッセージを見てくれるといいのですけれど・・・


ファミリーマートでつまみとHITEビールを買い込んで

ホテルで飲みました~~

疲れていたのか、すぐに酔いが回り

インスのベットであるにもかかわらず、インスに浸ることもなく、

10時過ぎぐらいにぐっすり寝てしまいました(^^;)

サムチョクの夜は

とても静かです。


2日目の朝です


少しもやっていますが、お天気のようです^^

部屋のテレビがなぜか映らない^^;ので、天気予報も見れませんが、昨日とはうって変わっての爽やかな一日になりそう(^^)V

朝食を食べに

ロビーへ行ったら

相変わらずレストランもラウンジも電気がついてません。

おやや?

おかしいなぁと思い

フロントでどこか食べるところは無いのかと尋ねたら(このホテルは日本語がわかるスタッフはいないのですよ~^^;)

スタッフの言葉の中に<나가(ナガ)>(出て行く・・)という単語が・・

どうやらホテルでは団体客にしか朝食は用意していないようで

個人客は街まで出て食べに行かなければならないみたいなのです・・

食いっぱぐれた私達は、

しょうがないので、お迎えのリーさんが来る時間までお散歩することに・・

皆様、

もし、ここに来ることがあったとしたら

朝食を事前に予約しておくか、前日に街で朝ごはんを買っておく事をオススメします^^

ここはソウルとは勝手が違うようです(^^;) 

なんで朝食がないの~~><

でも、ラウンジでコーヒーぐらい飲ませてよね~~

いったいいつ、オープンしてるん?

ここはインスとソヨンが行ったふぐ屋さんです。

朝なのでしまってるので、道路側から写しました

映画では、二人はふぐ屋さんまで、

サムチョクの町の中を歩いて行きましたが、実はホテルの敷地内にあるのですよ

          ガラスにへばりついて写しました(笑)↓


手前の席に二人が座ったようです


裏の駐車場にあったふぐ屋さんのワゴン車。出前とかしてるのかなぁ~~

朝、営業してくれたらよかったのに

見覚えあると思いますが、撮影中ヨンジュンはこの出口から出入りしていました

当時、沢山のイルボンアジュンマがここで待っていたそうです

日本だったら普通、お土産やさんとかあいてるでしょ?

一応ここは観光地なのに

このあたりでは一番いいホテルだというのに

何にもないの。店も開いてない^^;。


何かないかとホテルの地下をうろうろしていたら・・

                ↑このインスがいました

腹は減ってるけど、

うらぶれた暗い地下で会った、この美しいインスに

しばし、

ほ~~~

っとしてしまいました(~。~)


ホテルの中に戻り

撮影したというもう一つの部屋のある4階に行ってみました

客室のある階には

エレベーターから降りると、まん前の非常口のドア一面に

インス、ソヨンが貼ってあります^^

暗いでしょ?、実際はもっと暗いです^^; こんな暗いホテルは初めて(^。^;;)

4階のエレベータを降りたすぐそこの部屋が、たぶん撮影に使った部屋。

その部屋の中から、丁度女性達が出てきたんです

その中の一人が<外出>の紙バックを持っていたので

どうやらたぶん・・韓国のヨンジュン家族のようでした

ドアを閉める前にちょこっと中が見えました(あのテラスが見えました)

勇気を出して話しかければよかったと・・・ちょっと後悔

ああ~~もっと韓国語が堪能なら・・><


これは5階だったかな。

イェジンちゃんの泊まった部屋です^^

やっとリーさんがお迎えに来て、

ぺごぱ~~サムチョクの街の中で食事です

キムパプやさんで豆腐チゲ。熱々で、ましっそっそよ^^

このキムパプやさんの裏あたりを歩いたら

↑このような雑居ビルがありまして

その中に

二人がキスをした映画館がありました

3階だったかな?

とても古いビルで、

まだ朝早かったためか・・・といっても、10時を回っていたんだけど

映画館は開いていませんでした

今上映中なのは、キムヘスさんの映画のようでした

この映画館

一体何時から上映なの?? 普通10時ぐらいならあいてるでしょ?

開いていれば中を見せてもらえたんだけどね。

残念。

<自転車泥棒>(二階)


とてもとても残念なのですが、お店は現在閉店中でした

あの、お店のご主人がご病気で

ソウルで長期療養中なのだそうです

あ~~

色々とお話をお聞きしたかったのに、残念です

どうか、早く回復されますように・・。

サムフンモーテル

カーペットも壁も新しくなっていました

宿泊客がいたので、中は見ることができませんでした

雪だまを投げていたところ

ここってすごく狭いのよ。


モーテルの向かいにある病院。

ソヨンが走って入っていった病院の裏側です。


病院の表側。インスが車を止めたのはこのあたり?

この建物の横に新館が建っていました

椅子の置いてあった手術室前が綺麗に改装されて、今は集中治療室に




椅子は廊下の違うところに移動

スジンの病室

ソヨンが走り降りたスロープ


屋上から眺めた景色

インスもこの風景を見ていたのかな・・

こんな小さな空間の中にいた二人

ほかは誰も知らない人たちばかり

同じ痛みを持った二人が、惹かれあっていくのもわからないでもないです

夫に裏切られ打ちひしがれた時に、優しく声をかけてくれて笑いかけてくれたら、私だってその人に惹かれてしまうかも・・

ましてや、インスは格別にいい男だもの~~絶対好きになっちゃうわよ~~


あの薬局は荷物置き場になってました><

その横あたりにヨンジュンが立ち寄っていたという喫茶店があるのですが

11時をまわってるというのに、あいにくお店がまだあいてませんでした

一体サムチョクのお店は何時に開くのでしょう??


<竹西楼>

インスがこの門を出入りするシーンだけで8時間かかったとか・・


ここをふたりで歩いてましたね

二人が座った椅子

ここに座っていたら、観光客の人が

ヨン様ヨン様~~と声をかけてきました

私達、いかにも日本のアジュンマ、ヨンサマペンということがバレバレ~^^;

手形。右上には2頭身のヨンジュン??


300年ぐらい前??の建物

この建物に昇ると、向こう側に川が流れているのが見えます

美しい景色を眺めながら、当時のヤンバンたちはここでお酒でも飲んでいたのかもしれないですね

ラストシーン

雪の中、ソヨンが降りてきた階段??かな?

交差点のこのあたりに花屋と屋台があったそうです
今は工事中でした

昨晩真っ暗でわからなかったセウネ食堂

撮影当時

沢山の人で大忙しだったでしょう。

今は静かなシクタンになっています

でも、その方がいいんですよね

あの時が異常だったのですから。

おじさんの出してくれたシッケがとてもおいしかったです^^ 

おかわりいただきました

この変な建物はなんじゃらほい??(笑)


二人がデートした洞窟です

ただし、この洞窟、本物ではありません。張りぼてです^^;

本物はサムチョクのずっと山奥にあり、

そこに行くのはとても大変なのだそうで、ここで、気軽に洞窟体験ができるようになっているのですって

こんなぐらぐらのバランスの悪いところで

インスはソヨンにキスしたんだよね~~

事故車の置いてあった場所

脇には前面がぐしゃぐしゃになっていた車がおいてありました

この事故車のドライバーは無事だったのかしら・・などと考えてしまいました^^;

おもおも・・

ソヨンが事故車のミラーのところにかけてあった飾りを見つけるシーンがあるでしょう?

韓国では

ミラーにああいうふうに飾りを付けておく

ということは

<ナニをしています>

という意味になるんだそうですよ

へえ~~でしょう?

<警察署>

でも実は撮影した場所はその横の

<民間ボランティア室>

ここに座ってふたり、なまりのある警官から話を聞いていましたね


丸テーブルに座って所持品確認
場所は移動してましたが、しっかり座ってきました
お部屋のアジョッシたちはお仕事中だったのに
お邪魔させていただいてホントに感謝でした
駆け足でサムチョク市内を回りました
所要時間は約2時間です
ソウルから4時間かかり
サムチョクを観光して2時間
朝早くにソウルを出れば、日帰りでもいけるコースですね。かなりきついですが。
変わってしまったところもありましたが
インスを感じるところが
まだまだ残っていましたよ
やはり、もの悲しさを感じてしまう雰囲気はあります
4月の雪のイメージだからだと思いますが
サムチョクは日本の半島の地方の街・・という感じでした
朝市で、おばちゃんが座り込んでやさいを売っていたし、栗のシーズンなのか
栗を剥いているおばちゃんもいました
どこか、昭和の50年代の日本の地方・・という懐かしい感じがします^^

2日目のこの日は

前日と違って良いお天気、海の色も真っ青

海辺を走るのには最高!

どこか、能登半島の海岸線

福井の三国の海岸線に似ています

同じ日本海側だからかな?

なんとなく

<復活>の事故現場見たいな所もありましたし~~^^

とんでもない(どうやってあそこまで行ったんだろうと思ってしまう)岩場で

釣りを楽しんでいる人たちが、沢山いました

サムチョク海岸です

夏は終わったけど

日曜だというのに、すっかり誰もいません。不思議~~。

夏が終わるとこんなに閑散としてしまうもんなの~~(^^;)

海岸を歩いて、

携帯で、はなとぅるせっ で 自分達の写真を撮りました

でも~~

後で見たら、指が入って、顔半分映ってなかったの~~くそぉ~!!

二人がお茶してたカフェです

左から2番目のところに座ったそうです(確か・・そうだったと思う^^;あやふや~)

お客さんが入ってる雰囲気は見られませんでした^^;


インスと一緒に写したい~

海岸線を走っていると

頭の中にRYUさんのMOMENTが流れてきます

おもも・・涙が出てきそうです

冬ソナ マジマパダ<最後の海> チュアム海岸


なんと、500Wを見つけました!

(ウソです。やらせです(笑^。^;))


二人が泊まった民宿、今でもあの感じが残ってるんですね~~~

・・と思いきや!!

悲しいことに、あの二人の泊まっていた民宿は

なんと!!


カフェに変わってしまっていたのでした!!

おーのー~~~!!!


ビックらこけそうになりました(笑)


↑扉が開いている部屋が、あの二人の泊まった部屋です


綺麗に改装されていました

覗くと小綺麗なトイレとシャワー室もありました

あの面影は全くなしです

でもね

イカはありましたよ

オジンオッ ^^


焼いた石の上で、おばちゃんが干したするめを焼いていました

美味しそうに眺めていたら

ガイドのリーさんが買ってくださいました~~

熱々の焼き立てを、演歌歌手のイベントの広告にくしゃくしゃと巻いて、

ほれ!  と渡してくれたおばちゃん^^

するめ買って行きたかったけど、検疫に引っかかったら嫌だしやめました

ごめんね~~

移動中の車の中でくちゃくちゃとたべました

やわらかくておいしかった

でも車の中は

イカくさ~~~!!(笑)

東海市の小さな町の中を通って・・南涯港に到着。

私は東海に行ったら、ドンヒョクのあの灯台を見たい!!

とかねがね思ってたんです

東海の町や海を眺めながら

幼いドンヒョクはどんな風に過ごしていたんだろうか

一人、アメリカで、どんな思いで、この東海の海を思い出していたんだろうか

そんなことを考えていたら、胸がいっぱいになってきました

ドンヒョクが父親を訪ねた南涯港

港の中の雰囲気はあまり変わっていないようです

ドンヒョクの入ったお店は、お店の前にさらに建て増しをして、浜茶屋のようなお店ができていました

奥を覗くと

ドンヒョクが出入りしていた、お店のガラスの扉が見えました

ガイドのリーさんから

ここに来る前に

あの灯台は新しくなったんだと聞かされました

このあたりはずいぶんと綺麗に整備されたみたいで、

灯台の周りは小綺麗なあずまやがあったりして、憩いの場のようになっていました

テトラポット。あの当時は無かったですよね

新しい灯台ですが~

灯台が前のイメージとあまりにも違いすぎる!! マツタケが名産地なので きのこの形をしてるんです
ふざけてます!!



<復活>のロケのときはまだそのままだったのに

こんなんじゃ、もうラブストーリーのロケには使うことができない~~><

かなり、ショックでした

皆様、

もうこの港には来ないほうがいいかもしれません

はるばるわざわざここまで来て、ショックを受けて帰ることになるので・・(^^;)


気を取り直して、遅い昼食(ソルロンタン)です

駐車場に干してあった唐辛子

目にまぶし~~

韓国横断 ②に続きます


[PR]
by yumimoo | 2016-09-06 00:53 | ロケ地めぐり

ドラマな毎日をすごしてます


by yuminn
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る