夏の協奏曲 戀夏38℃

台湾ドラマ 
<夏の協奏曲 原題 戀夏38℃>

台湾のドラマの邦題、何とかならないかって、ホントいつも思うんですが、(誰がつけてるんだろ^^;)

冬のソナタ、秋のコンチェルト 春のワルツ。。この 受け売りみたいで いやなんだよね~

原題の<恋夏38℃>の方が良いような気がするんだけどなぁ

この<夏の協奏曲>は 台湾版 <秋の童話>といわれているそうなんですけど

お話はぜんぜん違います。

韓国ドラマ<秋の童話>は ほんと救いようのない悲しいラストだったでしょう? 

台湾のドラマは、悲しいドラマでもラストは、絶対に心があったかくなるようになってるので、安心して見ることが出来ます

絶対ハッピーエンド。これはお国柄なんでしょうね。


<あらすじ>

台湾の離島金門(チンメイ)島で 観光のツアーガイドをしている青年 阿寛(アークァン)は ある日空港で観光客を

待っているときに台北から来た女の子小青(シャオチン)と出会います。

小青は難病を抱えており、島で療養するためにやってきたのでした。

最初は、すぐに都会に帰っていく子だからと、一線を置いていた阿寛でしたが、天真爛漫で純粋な小青に段々と

惹かれ、小青も誠実な阿寛に好意を持つようになり、次第にお互い愛し合うようになりました。

でも、小青の病状が悪化。

病気のことは何も知らされていない阿寛を心配させたくない小青は 病院で、双子の妹 小晴(シャオチン)に

自分の想いと、願いを託します

小晴は、小青の身代わりとして、阿寛と再会するのですが。。。。


交通事故、失明 不治の病 嫉妬ゆえのいじめ。。など、 韓国ドラマで良くありがちな設定もあるのですけど

主人公の二人が良いからか、
島の人たちが良い人たちばかりだからか、
この金門島の景色が良いからなのか

全然 韓国ドラマのような くどい感じはしないんです。

予告の動画です↓ 

予告見ただけで泣けてきちゃう><。。

主人公の阿寛を演じる ジョージ・フー君 と、小青役の ウー・インジエちゃん^^

さわやかでかわいらしい二人が凄くいいんです


ジョージ・フー君は 生まれも育ちもニューヨーク生まれ。

1982年生まれ。。ってことは、30過ぎてるんですね~ 驚き~。

日本のアニメが原作の<ハヤテのごとく>で、韓国のパク・シネちゃんと共演しています

↑このドラマ、チラッとしか 見てないんだけど、中々漫画チックでおっかしいドラマでした(笑)

ウー・インジエちゃんは 2PMのテギョンと 韓国のテレビ番組<私達結婚しました>で、仮想夫婦になった女の子です

韓国と台湾・・ということで国際結婚  という設定だったんだけど
テギョンとインジェちゃんは 英語で 意思疎通してましたね~
それがめっちゃ かわいかったです

<夏の協奏曲>

悲しい27話 は 冒頭から最後まで 涙が止まりませんでした。

胸キュン。。というのは あまりないんだけど

見終わった後、さわやかな気持ちに なれるドラマです

韓国の不倫憎悪恨みのドロドロドラマも良いけれど~

台湾の 

絶対ハッピーエンドの ドラマもお勧めします~

ま、 台湾ドラマ、 当たり外れも あるけどね(笑)  はずれの方が多かったりします(^^;)



[PR]
# by yumimoo | 2016-09-03 14:21 | 台湾・中国ドラマ | Comments(0)

台北ラブストーリー  罪美麗

台湾ドラマ 『台北ラブストーリー 美しき過ち(罪美麗)』 

ホントに良いドラマで 、

特に18話あたりから、毎回泣かされ続けておりました



サイトからひっぱって来たドラマ冒頭のあらすじ↓↓。

ホステスの張曼玉と林青霞と鍾楚紅の3人は互いに身を寄せるようにして生きていた。

ある日、曼玉は店の裏口で捨てられた赤ん坊を見つけ、警察に届け出るが、3人で話し合った末に子供を持ちたいと考え、楚紅が生んだと警察に嘘をついて、赤ん坊を引き取る。彼女達はそれぞれの名前から一字ずつ取って、赤ん坊を“鍾曼青”(チョン・マンチン)と名付ける。

彼女は3人の愛を一心に受けてすくすくと成長し、大学進学を前に高校生活は順風満帆だったが、彼女に嫉妬するクラスメイト・張薇薇によって陥れられたことから、休学することを決断する。

偶然、マンチンはダーシャン・ユーエン親子に出会い、初めて恋の甘さと苦みを味わう…。


主人公のマンチンとユーエンの恋も絡めつつも

マンチンをはさんでのお父さんとユーエンの3人の関係が なんとも微妙で


ユーエンのお父さんは 18歳のマンチンを女性として愛してしまうようになり、
マンチンは 素敵な頼りになる男性として、好意を持つようになります
はためからは それを不倫。。。って言うのかもしれないけれど、18歳の女の子にはわかりません。

父親とマンチンとの関係を知った後のユーエンの

『こんな風に思ってしまうのは自分の心がゆがんでいるから。。。』 と、
マンチンを信じようとするけなげな気持ちに

心が痛みっぱなし。

マンチンはマンチンで、言葉はキツイし冷たいし、ユーエンを傷つけるようなことばかり言うし

お願いだからこれ以上、ユーエンを傷つけないで~と叫んでました


自分のせいで母親が死んでしまったのだと、11歳の頃から罪の意識で悩み苦しみ

父親からも見放され、単身でシンガポールへ渡り、傷ついたユーエンの心の闇は

深く、暗く・・

莫子儀(モー・ズーイー)君が ほんとに演技が上手くて

ユーエンの震える心の苦しみが 痛いほど伝わってくるんです。

莫子儀(モー・ズーイー)君は現在35歳

台湾はもとより、中国シンガポール、オーストラリア、、などなどのドラマや映画に出演しており

あまり商業的な映画に出演していません

どちらかというと、芸術祭に参加する映画が多いかな。

舞台俳優でもあり、沢山の舞台をこなしています

舞台・・見てみたいなぁ~


ユーエンの浮かぶことの出来ない心の闇を 救うことの出来ない父親の絶望感。

プライドで固められた妻の許せない罪。

このドラマ いったいこのままどうなるんだろう!!

と ハラハラ 心配いたしましたが。。 
ラストは ああ~そうか。そう来たか!!。。。 という感じで終わりました

ホントにすがすがしい最終話でした。

悪人はいない

台湾ドラマらしい終わり方

↑このシーンで Tシャツの美しいたたみ方を覚えました(笑)

久々にどっぷり つかってしまったドラマでした^^ 

みんなにオススメしたいです



[PR]
# by yumimoo | 2016-09-03 14:13 | 台湾・中国ドラマ | Comments(0)

イタズラな恋愛白書 我可能不會愛你


台湾ドラマ <イタズラな恋愛白書>原題 「我可能不會愛你」


面白かった。期待以上でした

さすが、台湾で 最高視聴率を出したドラマだけあります。

主演はアリエル・リンちゃんと チェン・ボーリン

 

邦題は<イタズラな恋愛白書>という ちょっとふざけた題名で 

題名だけではコメディなんだろうかと思っちゃうんですが~

原題の「我可能不會愛你」は「ボクは君を愛さない」という意味で

とにかくこのドラマのいたるところに、「我可能不會愛你」で いっぱい なんです。

我可能不會愛你は 今年10月 台湾のエミー賞とも言われている金鐘賞を受賞!!


20119月から12月まで台湾で放送され、高視聴率を記録し社会現象を巻き起こすほどのヒットしたドラマ『イタズラな恋愛白書~In Time with You~(原題:我可能不會愛你』が、

10月に行われた台湾のエミー賞こと金鐘賞で7部門(ドラマ賞・ドラマ監督賞・主演男優賞・主演女優賞・助演女優賞・脚本賞・マーケティング賞を受賞)を制覇。


7部門制覇だって。すごいね~。

台湾中の特に20代~30代の女性がほとんど見た・・って言うくらいだから、すごい人気だったんだと思う。


おもいっきしのネタばれのあらすじ↓  です。 知りたくない人はスルーしてね

程又青(チェン・ヨウチン/アリエル・リン)は靴メーカー勤務のキャリアウーマン。

一方、李大仁(リー・ダーレン/チェン・ボーリン)は航空会社の地上職員として働いています。

お互い30歳。


高校時代からの15年来の親友同士でお互い恋人ができてもその友情は変わらず。

又青(ヨウチン)にとって大仁(ダーレン)は 仕事上の悩みも恋の悩みもなんでも唯一本音を打ち明けられる大切な大親友。


でも、実は大仁は又青をひそかに高校時代から想い続けていて、親友の関係を壊したくない為に 『君を愛さない』と自分の気持ちに歯止めをかけていたのでした。


又青は大仁がいつでも自分を支えていてくれることに気がついていません。

又青が元カレ丁立威(ディン・リーウェイ)と復活してしまい、そんなを又青を見ていることに、いたたまれなくなった大仁は シンガポールの赴任を希望します。


そんな折、又青は大仁の元GFのマギーから 大仁が 又青を愛していることを聞かされ、気まづくなり、大仁と距離をとってしまうのでした。

大仁がシンガポールに赴任してしまい、大仁と連絡を取ることができなくなってしまった又青は 自分の心の中の寂しさに気がつきます。


結婚話が進んでいく恋人の立威とはいつも喧嘩ばかり。


結婚が間近になり、又青は 大仁が自分にとってどんな存在だったかに気がつくのでした。

予告です↓

↑この予告も 最終回のシーンがいっぱい入ってて、かなりネタバレな予告です^^;

又青が仕事に疲れたときは息抜きに旅行に連れてってあげたり、

悩んでいたら行きつけの屋台で一緒に飲んであげたり、

辛いことがあって電話で泣きついても たとえ出張で地方にいても真夜中でも駆けつけたり、、

そんな大仁のような親友がそばにいてくれたらどんなに幸せだろうか。。と思ってしまいます。


でもさ、親友の関係だったら普通そこまではできないよね。。やっぱり、好きだから、愛があるからこそ、できるんだと思う。

又青が元カレとつきあいだしてからの大仁が、

ほんとに 見てるだけでもつらくってつらくってせつなくって、胸がきゅ~っと痛くて痛くてたまりませんでした。


チェン・ボーリンの<♪我可能不會愛你 僕は君を愛さない>という大仁の思いを歌った歌が ドラマのいたるところに流れていて、もう、頭から離れないんです。けっして上手いとはいえない歌なんだけど、その歌がせつなくってせつなくって~


しばらく、チェン・ボーリン病からぬけだせませんでした。

ほっぺとお口のゆるゆるかげんとか、襟足が伸びてるとことか^^;

 なんだか自分の息子を見ているようで、親近感というか安心感があるというか。


しゅっとした感じの人ばかりの韓国の俳優さんとは、ちょっと違うタイプです^^

日本で言えば、松阪桃李くんとか百恵ちゃんの息子さんの三浦貴大くん、タイプ・・かな?


又青の恋人 立威役の王陽明氏なんですが 実はびっくりの 総刺青↓

描いたものじゃなくて 本物の刺青・・らしい。。です ひぇ~
ドラマの中ではお金持ちのいけてる人。。という役柄で、ヤクザ役でもありません。
 この刺青見ちゃって、すっかり ひいちゃいました^^
日本人は刺青してる人 嫌いだから^^;
王陽明氏はやくざでもなんでもなくて^^; 普通の役者さん。
財閥のボンボン。。という話も。
台湾では別に刺青。。は なんでもないんでしょうね。日本人は無理だけど^^;
ドラマ見ながら、又青、そんなヤクザなヤツやめなよ~って 叫んでました。

最終回が楽しみで楽しみで、こんなに最終回を待ちわびたドラマは久しぶりかも。

台湾ドラマらしく、ラストはこれでもかっていうくらいハッピーなドラマでした。

ネタバレしちゃいましたけど、ネタバレしちゃってもぜんぜん楽しめるドラマです。

映像、脚本が、ちょっと変わった演出をしてるのが 面白いです

過去と現在や 妄想 幻想 なんかが 交錯していて、油断してると、あれれっ??? と わからなくなってしまうこともあります。

さすが。。という感じがします。

台湾ドラマを見たことがない、とっつきにくい。。と思ってらっしゃる方には、ぜひぜひ、お勧めのドラマですよ

また最初から見直したくなりました~。

             ↑高校生の2人、最終話ではこのワンコが大活躍(笑)


[PR]
# by yumimoo | 2016-09-03 14:01 | 台湾・中国ドラマ | Comments(0)

はじめまして

はじめまして
ゆみんと申します

まだブログの使い勝手が よく分からないのですが
とりあえず 見切り発車いたします

ここでは
大好きなドラマの話や映画のお話を中心にお話したいと思っていますが

私の日常のお話も ちょこちょことお話できたらいいなぁ と思っています

ドラマは 
面白ければ 日本・韓国・中国・台湾・米国などなど 国にはこだわっていません

好きな俳優は
日本では 佐藤健くん ディーンフジオカさん

f0373734_11023450.jpg
f0373734_11024859.jpg
韓国では
キム・スヒョンくん チ・チャンウクくん ユ・スンホくん

f0373734_11190008.jpg
f0373734_11210541.jpg
f0373734_11342772.jpg

台湾の俳優さんでは
モーズーイーくん チェンボーリンくんが 好きです

f0373734_11215654.jpg
f0373734_11233921.jpg
画像の大きさが うまく出来ないですね~(^^;)

これから 色々勉強しながらやっていきます

よろしくおねがいいたします


[PR]
# by yumimoo | 2016-09-03 11:42 | ひとりごと | Comments(0)

ドラマな毎日をすごしてます


by yuminn
プロフィールを見る
画像一覧